ABOUT US

キャピタルとは

きれいな味のキャピタルコーヒー

私たちキャピタルは、1946年5月に栗田昌彦が創業した当初から高品質コーヒーのみを探求し、お客様に提供してきました。
今のサードウェーブやスペシャルティコーヒーが流行り始めるずっと前から、最高級のコーヒーを手間暇かけたハンドドリップでお客様にお出しすることにこだわっています。

そんな私たちのコーヒーは、お客様や取引先の方々から「味にきれいさと深みがある」「冷めてもおいしい」とご評価いただけています。
原料厳選・こだわり抜いた焙煎と抽出によって生み出されるキャピタルコーヒーの「きれいな味」は、72年に渡り多くのお客様に愛され続けています。

お客様に、本当に美味しいコーヒーを飲んで、笑顔になっていただきたい。幸せな時間を過ごしていただきたい。
そんな想いで、私たちは上質にこだわり続けていきます。

創業72周年の歴史

弊社は『キャピタルコーヒー』ブランドのカフェや売場の運営、コーヒーや紅茶をはじめとする輸入食品の卸しなどを手掛けている会社です。
終戦直後のコーヒーが今ほど普及していなかった時代から、デパートにスタンドカフェを設けて提供を始めました。
長い歴史のなかで、業界の発展、特に高品質コーヒーの発展に貢献してきたと自負しています。

品質へのこだわり

私たちのコーヒーは、全て自社工場での焙煎を施しています。多品種少量生産をしており、非効率であってもハンドピックを行うなど手間暇をかけて上質を追求しています。
焙煎機は世界最高峰のドイツプロバット社のものを使いつつ、あえて手動式・熱風焙煎機を駆使した低温・長時間焙煎。焙煎職人の技と経験をフル活用した、丹念な手仕上げを行っています。
そのうえで包装から販売まで、安心・安全・精度にこだわり、お客様のもとへコーヒーを最高の状態でお届けしています。

上質コーヒー・紅茶を世界から

世界中の生産地との交流、生産状況を確かめるため直接現地へ飛び、直接自分たちで農園を確かめています。
本当に美味しい商品を仕入れるためコーヒー・紅茶等の直輸入も続けており、1988年にはブラジル・ミナスジェライス州に自家農園を取得しました。
農家の方々は、遠く離れた日本でコーヒーを待っている人達のために、人生をかけてコーヒーを栽培してくれています。
そんな農家さんたちの生活・情熱を汲み取り、生かしたいと考えて、業界発展にも尽力しています。

キャピタル株式会社の想い

ミッション

上質なキャピタルのコーヒー・紅茶・カフェ、食と住を通じて
関わる全ての方々に、愛と喜びと幸福を提供する


大切にしている想い

もっと多くのお客様や
関わる方々の
よりたくさんの笑顔が見たい

経営理念

わたくしたちは
お客様に喜ばれる仕事を通じて
かかわる全ての方々の
幸福と成長を実現する
同志と共に
1、お客様第一主義
2、わたくしたちグループの成長と安定
3、全員の物心両面の幸福と向上に全力を尽くし、努力する
このような経営を行うことにより社会に貢献する